より綺麗な歯を手に入れるための審美歯科を紹介・解説するサイト

審美歯科とは歯をより美しくすることが目的

審美歯科とは「歯を綺麗に美しくするだけでなく、歯並びを整えたり、歯茎の色を綺麗にしたり、という風に歯全体、口全体の美しさを総合的に追及する」ための歯科です。

そのため、主に以下の項目が代表的な審美歯科でのメニューになります。

(1)ホワイトニング
文字通り、歯を白くする事で見た目を綺麗にする施術の事です。
これは歯医者さんでも聞いたことがあるかもしれませんね。
歯を漂白したり、特殊な素材をコーティングしたりすることで歯を白くします。

(2)オールセラミック
従来は金属によって行われていた詰め物や差し歯において、セラミックを使用する手法で、金属アレルギーや見た目の違和感を軽減する上に、従来より綺麗な見た目を実現できます。

(3)美容矯正
歯列の矯正は普通の歯医者さんでもありますが、審美歯科の場合は目立つワイヤーではなくマウスピースや歯の裏側へのギプスなどで対応します。

普通の歯医者さんと異なる点

始めに説明すると、審美歯科と言っても歯医者と全くことなる分野というわけではありません。
「歯科」という大きな枠組みの中にどちらも含まれています。
では、何が違うのか。
簡単に表現すると、歯医者は「治療」に特化しており、審美歯科は「美容の為に仕上がりを美しくする事に、より力を注いでいる」という点が異なります。
そのため、普通の歯医者さんでは持っていないような設備や技術を用いて、「治療しておしまい」ではない、患者の希望や顔全体のバランス、将来的な希望までも加味した上で、「顔全体を美しくするために必要な歯の治療や施術」を選択し、施します。
歯に詰め物をするにしても、口の中のバランスや見た目を損なわない、違和感のない精密な詰め物を作成したり、生まれつき歯並びが悪い人の為の専門の矯正を実施するなど、美しく仕上げることについては普通の歯医者さんでは実現できないレベルで施術してくれます。